らっぷびとホームページ(改)

NEWS

///////////////What's New













2011/04/01
着うた配信情報!!

RAP BLEND から 2曲先行配信決定!
「テクノブレイク feat. タイツォン」
「アシタへ」
の2曲の着うた・着うたフル予約開始!!

【ご予約はこちらからどうぞ!!】
※配信は4/6からになります。

↓↓配信中の着うたはこちら↓↓



///////////////最新リリース情報

2011.6. 1 リリース
「RAP BLEND」
2,300円(全15曲)

注)画像をクリックすると
amazonのページがたちあがります。

/////////////// メディア情報
【らっぷびとインタビュー】
※ CDジャーナルのインタビュー
※ ascii.jpのインタビュー

【ドワンゴ/Flashマガジン展開中!】
ニコニコ動画で大人気『らっぷびと』の
メジャーデビューインタビュー!!

新曲『 All Day, All Night 』に込めた想いや、
プライベートな事まで盛りだくさん!

dwango.jp(
うた ) で着うたも配信中

//////////// インターネット関連


mixi公認アカウントです。





公式myspaceページ。


詳細 >>

いまなう

ytr (@ytr_ytr ) 誕生日おめでとう!
1日前

【おしらせ】 「DOT-SLASH!!!!」 2018年1月22日(月) at 渋谷CIRCUS TOKYO 18時~23時 らっぷびとでLIVEさせて頂きます! 平日ですが、お仕事終わりの方も終電で帰れるイベントなのでぜひと… https://t.co/c1qVXgh00A
1日前

有田ジェネレーションのオープニングラップがやはりUZIじゃなくなってたね…。
2日前

遅れたけどかよちんおめでとう https://t.co/F1Ujtmiiqa
2日前

RT @rapbit_rapstar: 【おしらせ / BGM】 「Martial ARTs vol.12」 2018年1月26日(金) at 渋谷UNDERBAR Basic Grass Market (君島将悟、RIPER、ytr、DJ kid) としての久々のライブで…
2日前

Player

MOBILE

着うた(R)はこちら♪

詳細 >>

QR

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS
17件中   1 - 10 件表示 ( 全 2ページ )
1  2   

まんがびと015「岡崎に捧ぐ」

無慈悲な8bitも最高だよ。
>挨拶

おはこんばんちわならっぷびと。

今日は久々に漫画紹介のコーナー"まんがびと"

ここ1,2年でのお気に入りを一つ出しましょう。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/



「岡崎に捧ぐ」

作者:山本さほ
巻数:2巻 (連載中)
掲載誌:ビッグコミックスペリオール

=漫画紹介=
新しい世代の「女の子友情物語」、始まり! 

2014年にWEB上で公開され始められるや、
各界著名人の称賛を浴びるなど瞬く間に話題を呼び、
短期でページ1000万ビューを記録した人気漫画がついに単行本化!!
作者・山本さほさんが、実際の幼馴染み・岡崎さんとの
ちょっと特殊な友情を描いた“超プライベート"なふたりの歴史。

出会いは小学生時代の1990年代。
スーパーファミコン、たまごっち、プレイステーション……
懐かしいたくさんのゲームやおもちゃ、笑いと涙のエピソードが、
私たちみんなが持つ普遍的な記憶を呼び起こします!

=感想=
最初、山本さほさんを知ったキッカケは、毎週購読してる週刊ファミ通でのこと。
「無慈悲な8bit」という、ゲームに関するコラム漫画を描いていて、
妙に可愛い絵柄とシュールなギャグセンスに惹かれてしまってました。
その後、山本さんの単行本を探すもまだ何も刊行されてない…。
と、うなだれていた矢先に、この「岡崎に捧ぐ」が発売されたのです。

元々ウェブ漫画として評価されていたらしかったこの作品。
小学校の友人"岡崎さん"が結婚するということを知り、
サプライズで思い出を漫画にしたのがキッカケ。
しかしウェブ上で人気が出すぎたせいで、結婚式前に岡崎さんに知られてしまったらしいです。
微笑ましいですね。素晴らしいサプライズ精神。


購入した時は、「無慈悲な8bit」とは違うのかー、じゃあゲーム関連の漫画じゃないんだな。
と、思っていましたがところがどっこい。

山本さほさん、子供の頃からゲームばっかりしてる。
根っからのゲームバカでした。

しかも、年齢がらっぷびとの2個上で近いという事もあり、
やってるゲームや出てくるおもちゃが、ドンピシャなものばかりなのです。

ポケステでどこでもいっしょをやるとか、
メモリーカードのデータを消す時はどこか寂しげだとか、
懐かしすぎてよだれが出そうなほど刺さりすぎます。



27~30歳くらいで、子供の頃にゲームが好きだった人は絶対に読むべき。

そして、ゲームにそこまで詳しくない人でも読めるポイントが、
山本さんと岡崎さんを中心とした学生生活の描き方です。

学生ならではの、制服やジャージへのこだわりとか、
休み時間や部活で無駄に新しい遊びを考えるとか、
青春時代の、似たようなことやってたなぁ、楽しかったなぁという、
ノスタルジーが詰まった、素晴らしい作品だと僕は思います。


2015年に出会った漫画では恐らく個人的にナンバーワンな面白さ。

山本さんと学生時代に出会ってればこういう漫画を描いてもらえてたんだろうか…。

そんな妄想に浸るほど、虜になる可能性のある漫画。

「岡崎に捧ぐ」

みなさんもぜひ読んでみてください。
全力でオススメします。




2016-04-13 12:00:04投稿者 : らっぷびと
この記事のURL コメント(0) nice!

まんがびと014「ハチワンダイバー」

なる、、、なる、、、なるなるなる!!!!
>挨拶

おはこんばんちわならっぷびと。
どうも、僕です。

まんがびと14回目。

今回は既に連載終了している作品ですが、
途中で読むのを辞めてしまっていたのを、
最近一気に最終巻まで読んだのでこちらを紹介。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/



「ハチワンダイバー」

作者:柴田ヨクサル
巻数:35巻 (完結)
掲載誌:週刊ヤングジャンプ

=あらすじ=
主人公の菅田健太郎はかつてプロ棋士を目指していたが挫折し、
今では賭け将棋で日銭を稼きつつ漫然とした日々を送っていた。
ある日凄腕棋士のウワサを聞き、秋葉原に赴いた菅田は
「アキバの受け師」に勝負を挑むが、手も足も出ずに完敗を喫する。
 プライドをズタズタにされ、その悔しさから久々に将棋への情熱を取り戻す菅田。
しかし自堕落な生活で部屋は荒れ放題。片付けの為に清掃会社に派遣サービスを依頼するが、
現われたのはなぜかメイド。しかも菅田を「ご主人様」と呼ぶそのメイドこそ
彼のプライドを打ち砕いた張本人、「アキバの受け師」だった。



=感想=
まず、これが将棋か将棋じゃないかなんて論争は触れません。
ただ、将棋の事を全く知らない人が読んでも何故か熱くなれる、
そんな漫画だと思います。

作者の柴田ヨクサルさんは過去に「エアマスター」という、
格闘?ケンカ?漫画を描いていたこともあり、
今作も四分の一くらいは将棋せずにケンカしてる気がします…w

柴田ヨクサルさんの漫画の魅力は、
怒涛の展開と、謎の熱い台詞、説得力のあるのかないのかわからん台詞だと思うのです。

将棋は将棋でねじ伏せる、
ケンカはケンカでねじ伏せる、
言葉には言葉でねじ伏せる、

というように、とにかく力技で地球も救いかねない、
御託を並べる相手を「うるせぇばかやろう」で殴り倒すような勢いが好きです。



普通、漫画の中で真剣勝負をしていて、
途中で笑ってしまうようなトンデモ要素があると、
それまでのムードが白けてしまうことがあると思うんですが、
ハチワンダイバーはそれでも続けてごり押ししてきます。
そうすると読み手も、笑いながらもページをめくるたびに熱い展開に強制的に戻されるのです。
そこに違和感を感じる間もなく、読み進めさせられてしまう感覚。

なので、「バキ」のようなスピードで読み終える漫画なのに、
めちゃくちゃ疲れる。格闘技の試合を見てるようだ。
正に”ダイブ”してるように、一冊読み終えるごとに
「ぶはぁっ!」と息を吸い込んでしまう、不思議な魅力がある…。


ちなみに個人的に好きな対決は、
ラスト前の菅田 vs そよ と、菅田 vs 鈴木八段 です。
特に後者はなんか泣ける。意味もなく男泣き出来る展開でした。

あと、好きなシーンがネット上にあったので拝借。





こ、これぞケンカ将棋!!!!!!!!wwww
なんでもありだぁ!!!!!!!wwww

気になったら読んでみてね!


2016-02-07 15:26:21投稿者 : らっぷびと
この記事のURL コメント(0) nice!

まんがびと013「だがしかし」

アレルギーなくても刺激物の取りすぎで蕁麻疹て出るんだぜ。
>挨拶

おはこんばんちわならっぷびと。
どうも、僕です。

久しぶりにウレロシリーズ見たら、
設定が全く別物になっててすごく戸惑ってる。
いや、でも相変わらず最高に面白い。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

今日はまんがびと013回目。

最近漫画読むペースが落ちてるのは何故だろう。
買ってはいる。けど読み進めていない…。
積みゲーみたいになったらおしまいだぁ。




「だがしかし」
作者:コトヤマ
巻数:4巻 (連載中)
掲載誌:週刊少年サンデー

=あらすじ=
とある半島の海沿いにある田舎町に住む鹿田ココノツは、漫画家を夢見る少年。
しかし、ココノツの父・鹿田ヨウは実家の駄菓子屋・シカダ駄菓子を
息子のココノツに継がせようとする。
継ぎたくないココノツの前にある日、
都会からやってきた駄菓子マニアの女の子・枝垂ほたるが現れ、
あらゆる手段でココノツに駄菓子屋を継がせようと奮闘する。

=感想=
ギャグ漫画で、コンセプトは駄菓子。
毎話でなにか一つは駄菓子が出てきます。

現在、アニメも放送中で絶好調。
1話ごとのページ数少ないから、

「アニメ化するなら長くて15分、最近の流れだと5分枠ありえるなぁ」

とか嘆いていたらまさかの30分フルで頑張るというすごさ。
二期やる為には、DVDの売り上げと原作の書き溜めが必須間違いなし!
がんばれええええええ!!!!

と、まぁこんなところで話は漫画に戻します。

まず、キャラクターが魅力的。
且つ、かなり個性的。且つ、個人的にストライク。

主人公のココノツは、
うすた漫画(例・ぴよ彦)かってくらいのツッコミのキレがあるし、
ほたるさんサヤちゃんの両ヒロインは可愛さ溢れてる。
どんだけ可愛いとかは不毛なので割愛しますが、

エヴァでいう、レイとアスカどっちが好き?
みたいなやりとりが出来るくらい、ほたる派とサヤ派で分かれるはず。



ちなみに、この画像のサヤ師の線の細さや口の描き方が、
鬼頭莫宏の描く女の子に通ずる可愛さがある。





こういうぶっとんだギャグ展開は絵柄と相まって、
「無敵看板娘」を思い出させてくれるのは俺だけだろうか…。

つまり何が言いたいかというと、
原作の絵柄もらっぷびと的にはドンピシャで好みなのです。

まだ読んだことないという人はアニメ化している今こそ見るチャンス!
サクサク読めて万人に共通する面白さ!

ちなみに、
らっぷびとが好きな駄菓子を決めようと思うと、
悩みすぎてほたるさんみたいになっちゃうんですが、
一番思い入れが強いのはこちら


このヤッター!めんです。

子供の頃、少ないお小遣いでこれを買って、
あれよあれよと600円分くらい当たった思い出があります。

でも、当たるとまたヤッター!めん買っちゃうんで、
結局当たり分のお金が無くなるまでひたすら食べ続けちゃうんですよ。

この頃からギャンブルの才能がなかったんでしょうね。
損切り、引き際が肝心!!


2016-01-27 12:58:00投稿者 : らっぷびと
この記事のURL コメント(3) nice!

まんがびと012「僕のヒーローアカデミア」

復活!まんがびと復活!
>挨拶

おはこんばんちわならっぷびと。
未だに正月番組を消化しきれてない僕です。

見切れてない自分が悪いんですけど、
世間のネタバレは勘弁して欲しい。
だから、賞レース系のものは即座に見ないと危ういです。
あと、最近、そんなバカなマンが面白くなってきてる。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

久々にまんがびとが復活します!
ブログ連日更新記録にとどまらず、
企画まで復活するなんてどうかしてるぜ!

今回がちょうど11回目のまんがびと。 
(12回目でした・・・。)
目指せ100回!



「僕のヒーローアカデミア」

作者:堀越耕平
巻数:6巻 (連載中)
掲載誌:週刊少年ジャンプ


=あらすじ=
超常能力“個性”を持って生まれるのが当たり前の世界。
個性を悪用する犯罪者・敵(ヴィラン)を取り締まる存在「ヒーロー」は
人々のあこがれの存在となっていた。
少年緑谷 出久(みどりや いずく)も幼い頃からヒーローに憧れ、
ヒーローになるために難関高校・雄英進学を目指していたが、
先天的“無個性”であり合格は絶望的と周囲からバカにされ続けていた。
高校受験を控えたある日、憧れのヒーローであるオールマイトと偶然出会う。

=感想=
まずこの作品の感想の前に言いたい事は、
”最近の週刊少年ジャンプは久々に面白い”です。
その話はまた今度普通のブログの時でも書きますね。

そんな面白いジャンプの中でも、頭一つ抜けて面白いのがこの作品。
最初の1話目を見た瞬間から心奪われ、
回が続いていく内に、
「あぁ、これは将来ジャンプの看板作品になりそうだなぁ」
とか思ってたら、もうアニメ化ゲーム化ってとこまで話が進んでるというスピード感。

でも、まだ6巻しか出てないのにアニメ化はちょっと早すぎるんじゃないかなぁ。
もう少し大事に暖めて欲しいなと、ファン心理としては思うところがあります。

この作品、なにが面白いかというと、
単純に言えば超超王道少年漫画の面白さ。

方向性としては、グレンラガンのような熱血でまっすぐな作品に似た部分があるけれど、
この作品は徹底してジャンプの三原則 友情×努力×勝利 に当てはめてる。

文字通り、"個性的"な周りのキャラクター達の中で、
主人公 緑谷出久は超能力を持ってない"無個性"だからこそ、
誰よりも努力を惜しまない、誰よりもヒーローでありたいという部分が、
かっけーなー、って少年の心をくすぐるんじゃないでしょーか!

そして、大事なポイントなんですが、マンガが上手い。
コマ割り、次週への引き、見開きのインパクト、絵の丁寧さ、
どれもクオリティが高いのでそれだけでも充分楽しめます。

師匠でもあるオールマイトがひたすら劇画タッチだったり、
ギャグ要素もかなり組み込まれていて、久々に刺さったマンガでした。

アニメの前に原作だ!まだ間に合う!

以上!


2016-01-16 12:00:16投稿者 : らっぷびと
この記事のURL コメント(2) nice!

まんがびと011「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」

ニッポン笑顔百景は本当にいい曲ですよ。
>挨拶

おはこんばんちわならっぷびと!
夏が終わってしまいますね!最早9月!
夏休みの宿題に追われてる”ワニとシャンプー”みたいな
状況の人もいたとは思いますが、
二学期もスタート、らっぷびとも第二期絶賛爆走中です。
学生諸君!一緒に頑張って行きましょう!!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

久々のまんがびと!
不定期でごめんなさいね!



「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」

作者:谷川ニコ
巻数:2巻 (連載中)
掲載誌:ガンガンONLINE

=あらすじ=
黒木智子は喪女である。

女子高生になれば何もしなくてもモテモテだ。そんなふうに考えていた時期が彼女にもあった。
しかし、入学して2ヶ月経っても彼氏ができるどころかクラスメイトともろくに会話もできず、
焦り出した智子は行動を開始した。
しかし、人見知りで他人とのコミュニケーションが苦手な彼女にとって、
まず家族以外の人間とまともに会話することから始めなければならなかった。
これは、モテない女子高生がモテるようになるために、
見当違いの努力と虚しい奮闘を重ねる物語である。 (Wikipediaより引用)


=感想=
喪女という存在を知ってはいるけれど、
別にこの漫画を読んでも共感は出来ないだろうなぁーと思ってました。

ただ、興味本位で読んでみたら破壊力が凄かったです。
まず舞台が学校で、女子高生ながらコミュ障という時点で泣ける。

らっぷびともコミュ障なので、自分が共感出来るレベルから、
笑ってしまうレベルまで幅広いです。
特に黒歴史を持ってる女子だと死にたくなるんだろうなぁーって思う。
でもそういう人には是非読んで欲しい一冊!w

個人的に好きなエピソードは、
男性声優の握手会に行って、好きな台詞を言ってもらいそれを録音。
ゲーム音声と編集した上で、自分の声も録音して擬似会話にするという話。
しかも付けてるはずのヘッドフォンが外れてて…、アーーッ!!!!

作者の谷川ニコさんの他作品は
タイトルだけで読んでないので他も気になる所です!

とりあえず「私モテ」の破壊力はすごいから、
気になった人は読んでみてね!
ガンガンONLINEで連載中なのでWEBで見れますよ!

□らっぷびと2nd フルアルバム「RAP BLEND」詳細はコチラ
□Rapstar Entertainment official website
□らっぷびと生放送『ひをかせ!』が始動。ニコニコミュニティへGO!


2012-09-04 03:42:22投稿者 : らっぷびと
この記事のURL コメント(5) nice!

まんがびと001~010 後半

うげぁ、最近調子いいと思っていたのに。
>挨拶

おはようございます、らっぷびとです。
前回の日記で、
「明日に続く!」とか言っておきながら、

次の日に風邪で熱を出してしまい
寝込んで現在に至るとはなんたる始末…。
みなさまごめんなさい。

病院行ってお薬貰ったら少しよくなったでござる。
しかし今日はNEXT AGE!でござる。
真剣にショーケースはぶちかますぜ!!

夜の11時から、渋谷UNDERBARという場所でライブします。
「らっぷびとのゲストのななしびと」で安く入れるので暇な人は遊びにきてなり。

普通/FUTOOとか番犬とかワードストアとか色々出るぞー!
という事で前回の続き。

■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲

■まんがびと006「モテキ」

結構な名作ですこれは。ドラマもすげー面白かった。
久保ミツロウさんのキャラの作り方とか漫画の書き方好きです。
ちなみにドラマの森山未來は本当に声優になれるとおもう。

■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲

■まんがびと007「上京アフロ田中」

素晴らしいの一言に尽きる漫画ですよ。
これを読まずにギャグマンガの何を語るか。
ジャガーさん、ギャグマンガ日和、アフロ田中ですよ。
ベクトルは違いますが田中のリアクションが最高です。

■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲

■まんがびと008「百舌谷さん逆上する」

昨今、巷に溢れるツンデレな少女たち。
しかし、ツンデレを病気と捉えた設定の漫画はこれが初めてであろう。
『ヨーゼフ・ツンデレ博士型双極性パーソナリティ障害』と闘いながら
成長していく少女の物語。設定は大好き!

■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲

■まんがびと009「それでも町は廻っている」

現在、アニメも絶賛放映中の漫画です。
僕は作者が好きで、それ町以前の作品から入ったクチでした。
しかしそれ町の安定感は凄い。出尽くしたかのような設定なのに、
なぜかいつの間にか読みふけってしまう不思議な世界観があります。
女子高生メイド探偵が読みたい人はこれ!

■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲

■まんがびと010「モリのアサガオ」

死刑制度について深く考えさせられる漫画です。
なかなかこういう切り口で挑む漫画は近頃ないだけに面白いです。
心理描写と物語の展開の仕方がうめぇ。
物語の終わり方も妙にリアルな落しどころ…。精神削る作品ですw


以上で10作品の紹介は終わり!
気になる漫画はあったでしょうか?

みんなももっと漫画よもーね!

よもーねせんせい!

おしまい!

ライブいってくるね!

□3/17 now on sale!! 「RAP GIFT EP」 豪華すぎる楽曲内容をチェック!!
□Rapstar EntertainmentのCD情報はofficial siteへGO!
□ネットラップコンピ「NET WORKS vol.1」にらっぷびとも参加!

2010-11-11 20:46:57投稿者 : らっぷびと
この記事のURL コメント(9) nice!

まんがびと001~010前半

今日はEnterkey vol.3に行ってきたなり。
>挨拶

今回の日記は、
まんがびとが祝10回目を迎えたという事で、
今までの10回分を振り返っていこうというコーナーです。

漫画が好きで、まだチェックしてない物があれば、
是非チェックしてみてください。保証はしないですけど!
立ち読みしてみて買うかどうかは貴方次第!

■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲

■まんがびと001 「スクールランブル」

第一弾は意外にもスクールランブルだったんですね。
多分、丁度アニメを今更ながら観終わって、感想言いたかったんでしょう。
最終巻が買えなかったのも今となってはいい思い出だ。

■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲

■まんがびと002「変ゼミ」

個人的に凄くオススメする漫画第一弾がこれでしたね。
読む人間を選ぶ作品ではありますが、そのマニアックさがいいです。
別に僕の性癖がおかしいわけではないですよ。
好奇心ってやっぱり誰しもあるものです…。

■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲

■まんがびと003「みくよん/松ヶ丘エンジェル」

この辺は中古で買った漫画を紹介してますね。
でもみくよんは良かった。スノーマンでした。

■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲

■まんがびと004「不安の種」

これも個人的オススメ漫画の一つ。
本当に怖い漫画ってこういう物を言うのです。
夜眠れなくなってもいいという人は購入を勧めます。
ホラー漫画で一番好き。

■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲■▼▲

■まんがびと005「来世であいましょう」

らっぷびとの曲名と一緒な漫画、というだけの衝動買い。
でもこの人の漫画は嫌いじゃない。むしろ好きな方。
オチ次第!


さぁ、という事で五回分を紹介しました。
見てないものはありましたか?
後半は明日に続く!

□3/17 now on sale!! 「RAP GIFT EP」 豪華すぎる楽曲内容をチェック!!
□Rapstar EntertainmentのCD情報はofficial siteへGO!
□ネットラップコンピ「NET WORKS vol.1」にらっぷびとも参加!

2010-11-08 03:29:51投稿者 : らっぷびと
この記事のURL コメント(5) nice!

まんがびと010

アルパカかわいー。
>挨拶

今月もガンガンやっていきますレビューのコーナー。

―2010年10月―
1週目 まんがびと 「それでも町は廻っている」
2週目 あにめびと 「Angel Beats!」
3週目 ゲームびと 「大神」
4週目 おんがくびと 「OASYS / KREVA」
5週目 雑多びと 「色々」

さぁ、まんがびとも遂に10回目ですよみなさん!
色々書いてやる!
――――――――――――――――――――――――――――――――――



「モリのアサガオ」

作者:郷田マモラ
巻数:7巻 (完結)
掲載誌:漫画アクション


=あらすじ=
新人刑務官である及川直樹は、死刑囚舎房に配属される。
深く反省している者や無気力な者、自らの罪を罪と思わない者など死刑囚の性質も様々であった。
そんな彼らと接していく中で、直樹は死刑制度の是非について深く考えるようになる。それとともに、
死刑囚・渡瀬満との心の交流を深めていく。

=感想=
主人公が刑務官で、死刑制度についてかなり奥深く突っ込んで描いた漫画。
死刑囚たちは何を思って刑の執行まで過ごしているのか。
反省しているのか。はたまた悔いる事なく自由に生きているのか。
本当に心から反省した死刑囚に対して刑の執行は必要なのか、
と、結構リアルに重い話な漫画です。

ただ漫画ならではの話の展開もあり、文字が多い割りに飽きる事なく読み進められます。
郷田マモラさんは絵がそこまで上手くないですが、
キャラクターの感情表現は独特でいてうまい。
森の風景など、心理描写に秀でているので引き込まれます。

あと個人的におすすめなのは、
主人公の及川は、死刑囚の渡瀬に好意とも取れる興味を持っているのですが、
後半にいくにつれ、ただのBL漫画じゃねーかうわああん!!な展開になります。
一応、彼女もいるのですが、渡瀬に夢中な及川くん。
”シャドーキャッチボール”の場面と、最終巻のある部分は
見ていて「さすがの俺でもそれは引くわ(;^ω^)」状態になりました。

そういう面白い見方もありますが、
とりあえずは死刑制度というテーマについてめちゃくちゃ考えさせられます。
ちなみに現在、テレビ東京にてドラマも放送中なのでそっちも見てみたら面白いかもですよ。
今の所僕は原作派ですけどw

そんな感じです!
来週のアニメびとで逢いましょう!

□3/17 now on sale!! 「RAP GIFT EP」 豪華すぎる楽曲内容をチェック!!
□Rapstar EntertainmentのCD情報はofficial siteへGO!
□ネットラップコンピ「NET WORKS vol.1」にらっぷびとも参加!

2010-11-06 09:00:48投稿者 : らっぷびと
この記事のURL コメント(4) nice!

まんがびと009

首と肩のコリが年中取れない…。
>挨拶

10月に入りましたー!
先月の○○びとはこんなラインナップでした。

―2010年9月―
1週目 まんがびと 「百舌谷さん逆上する」
2週目 あにめびと 「みつどもえ」
3週目 ゲームびと 「塊魂TRIBUTE」
4週目 おんがくびと 「J-POP / Half-Life」

さぁ、今月の最初の週はコチラ!

――――――――――――――――――――――――――――――――――



「それでも町は廻っている」

作者:石黒正数
巻数:7巻 (連載中)
掲載誌:ヤングキングアワーズ


=あらすじ=
嵐山歩鳥は、丸子商店街の喫茶店「シーサイド」で、
ウェイトレスのアルバイトをする女子高校生。
ある日、マスターの磯端ウキが、店を繁盛させる秘策を思いつく。
それは、話題のメイド喫茶だった。しかし、関係者が誰もメイド喫茶を知らず、
ウェイトレスがメイド服を着ればメイド喫茶だろうと「シーサイド」はメイド喫茶として再スタートする。
同級生でありウェイトレスの同僚であるトシ子、同じ学校の先輩双葉、
歩鳥に思いを寄せる同級生広章など、歩鳥の周囲の日常は流れていく。 (Wikipedia より引用)

=感想=
僕は元々、石黒正数さんの『ネムルバカ』という一冊しかない短編の漫画を中古で買ったのがキッカケで、
他の作品も読んでいくようになり『それでも町は廻っている』に辿り着いた人間なのです。
抹やかえでに言わせれば「それってそれ町の人?」と言った具合。僕はそれ町を読んでませんでした。

近所のTSUTAYAに行ったら「そちらは取り扱っておりません」と言われる始末。
「まんだらけにでも行くしかないかー、めんどくさいなー」と思っていた矢先、
それ町のアニメ化が決定。すると途端にTSUTAYAで面出し商品。ふざけてんのか。
とまぁ、大人の世界を垣間見た少年の話は全然必要ないんですけど。

この作者の描く漫画は、どれも間が独特。
絵しか無い漫画の世界で独特の間を出すっていうのは本当に凄い事だと思う。
なので文字にして具体的に説明出来ないのも歯がゆい。
故に、逆にアニメ化した際にその間がどうなるんだろうとヒヤヒヤしてます。
シャフトだから間違いはないと思いたいけど怖い。
ちなみに秋からだからもう始まるよ!みんなもチェックよろしくさん。

あと、単純な感想としては主人公の歩鳥が可愛い。
活発で底抜けに明るいバカなメイド女子高生が暴れまわるお話です。
感情表現が豊かな女の子はどんな漫画でも輝きますね。
まぁ長門ファンもいるんでしょうけど…。
個人的に好きなのはメイド喫茶ならではの挨拶を考えようで、"まいど"にかけて 「めいど!」って言う部分。
そして皆が既にツッコむのを諦める域に達しているのに、一人だけ「めいど!」ってやり続ける所。

割りとほのぼの系ギャグマンガに分類されるんでしょうけど、
最近の可愛い子出してりゃいい精神の漫画とは違うのでぜひ読んでみてください。

ただ、最近のそれ町には感じないけど、
『ネムルバカ』とか『探偵綺譚』みたいな昔のは、絵柄が大友克洋の影響うけてる感じが否めないですね。
あーこのオッサンの表情、AKIRAで読んだことあるーみたいな。

でも面白いからどれもオススメだよ!

□3/17 now on sale!! 「RAP GIFT EP」 豪華すぎる楽曲内容をチェック!!
□Rapstar EntertainmentのCD情報はofficial siteへGO!
□"retry.lab"からの先行PV「あぁあぁあぁああぁあぁああぁ」公開中

2010-10-04 14:34:48投稿者 : らっぷびと
この記事のURL コメント(9) nice!

まんがびと008

今日買ったもの
・『LOOOSER / RESTA』
・『噛むんとフニャン feat. Astro / 佐々木希』
>挨拶

コミックマーケット78にて頒布されたCDがとらのあなで委託開始ですぞー!

『retry.lab』
『Rapstar Compilation Vol.3』


と、思ったらもう『retry.lab』は通販在庫が切れてるみたい…。
多分いきなり全部は無くならないと思うから、補充されるはずですが…。
店頭分とかもあるしね。

ちょっと確認しますのでお待ちを!
そんな今日はまんがびとの日でした。土曜おわた。すまん。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――



【百舌谷さん逆上する】
作者:篠房六郎
巻数:1~4巻 (連載中)
掲載誌:月刊アフタヌーン


=あらすじ=
勉強も運動もダメで、なんの取り得も無い樺島番太郎のクラスに、ある日転校生がやってくる。
彼女の名は百舌谷小音。「ヨーゼフ・ツンデレ博士型双極性パーソナリティ障害」、
いわゆる「ツンデレ」の少女だった。
小音のツンデレの症状は様々な事件を引き起こしていき、流されやすい番太郎も否応なしにまきこまれていく。

=感想=
最初、TSUTAYAの試し読みコーナーみたいな場所で一話の半分くらいまで読める冊子を手にとって。
丁度かえで公と一緒にいたんですけど、「この設定はヤバいね!」っていう事で購入に至りました。
というのも、ツンデレツンデレ言われる昨今。(もう遅いかもしれませんが)。
そのツンデレがもし病気だとしたら。

彼女は素直に喜びなどの感情を表現出来ずに、
ツンデレという名の暴力でしか表せない病気になってしまったら?
というお話です。ビビッときて購入。
簡単に言いますと、1巻は設定にくらうから面白い。
2巻で設定を活かしきれず評価DOWN。3巻で感動話に持って行き評価UP。
4巻で設定を活かし初めてUP!なので総合的に好きな漫画です。

主人公の小音(こと)ちゃんは通称ツンデレと呼ばれる病気です。
だから、好意があった場合に自分の意思とは無関係に暴力、暴言を吐いてしまいます。
なので周りを傷つけない為にバリヤーを張ります。
可愛い生き物が大好きなのに遠くから見るだけで触れないのです。
本当に嫌な時につい手が出てしまっても"ツンデレ"と勘違いされてしまいます。
そういう複雑な心情を上手く表していて個人的に好き!

でも篠房六郎は元々変態な漫画家なので、
一般の人達に受け入れられる漫画とも言えないですね…。
妙に漫画がひねくれてるというか…。絵は上手いんですけどね…。

設定にビビッときた人は購入をオススメしますが、
オタクが持つ独特のひねくれた心を持ってないと楽しんで読めないかもww
素直なストーリー展開じゃないから読み手を選びそうです!

俺は、好き!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

□3/17 now on sale!! 「RAP GIFT EP」 豪華すぎる楽曲内容をチェック!!
□C78受かりました!!Rapstar Entertainment / 8/14(土) 東 サ-37a
□新曲「masterpiece [rapbit version] / らっぷびと」公開中!!

2010-09-05 02:01:35投稿者 : らっぷびと
この記事のURL コメント(9) nice!
17件中   1 - 10 件表示 ( 全 2ページ )
1  2