らっぷびとホームページ(改)

NEWS

///////////////What's New













2011/04/01
着うた配信情報!!

RAP BLEND から 2曲先行配信決定!
「テクノブレイク feat. タイツォン」
「アシタへ」
の2曲の着うた・着うたフル予約開始!!

【ご予約はこちらからどうぞ!!】
※配信は4/6からになります。

↓↓配信中の着うたはこちら↓↓



///////////////最新リリース情報

2011.6. 1 リリース
「RAP BLEND」
2,300円(全15曲)

注)画像をクリックすると
amazonのページがたちあがります。

/////////////// メディア情報
【らっぷびとインタビュー】
※ CDジャーナルのインタビュー
※ ascii.jpのインタビュー

【ドワンゴ/Flashマガジン展開中!】
ニコニコ動画で大人気『らっぷびと』の
メジャーデビューインタビュー!!

新曲『 All Day, All Night 』に込めた想いや、
プライベートな事まで盛りだくさん!

dwango.jp(
うた ) で着うたも配信中

//////////// インターネット関連


mixi公認アカウントです。





公式myspaceページ。


詳細 >>

いまなう

季節の変わり目なので病弱ならっぷびとは例のごとく風邪を引いています。なかなかしんどめです。
1日前

@sumi11290314 30になってまだ大丈夫だからいけるいける!
2日前

今日はkidとワンマンの打ち合わせだった。楽しみだけど不安だなーー #再終回
2日前

@Dackcrow0102 ( ^ω^)
2日前

@sumi11290314 大丈夫!父方も母方も絶望的だから!
2日前

Player

MOBILE

着うた(R)はこちら♪

詳細 >>

QR

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS

「IRON SOUL 001 魂音泉 第一部 Setlist」へのコメント投稿

名前
コメント
絵文字を使う

IRON SOUL 001 魂音泉 第一部 Setlist

やはり冨樫は天才であった。
>挨拶

おはこんばんちわならっぷびと。
そしておひさしぶりーふ。げっつ。

一ヶ月以上、更新が止まってしまいましたがもう大丈夫。
思い出たくさん作ったのでその分更新していきますね。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

さぁ、古い思い出を語る前に最新の思い出から。

先日、魂音泉は中国は上海に旅立ちました。
即売会とLIVEに参戦する為です。



呼んでくれた猫茶室の猫店長ありがとう。
そして対バンのIRON ATTACKさんもお疲れ様でした。

楽しくて、素晴らしい思い出をもらうとともに、
異文化に触れることで色々と学ぶことも多かったです。

何はともあれLIVEは大成功。
お客さんの熱量が日本を上回るのではないかと思うくらい、
熱気と歓声に包まれた空間が迎え入れてくれたのは嬉しいサプライズでした。

また上海でLIVE出来ることを夢見て。
再見。



/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

当日、「Iron Soul」で歌ったセットリストを公開。
まずは1部から。

--------------------------------------
01 ゆけむり魂温泉
02 Suicidal #23
03 サクラトンネルエスケープ
04 yellow knife
05 Sky is the Limit
06 COZMIC DRIVE Remix
07 Q
08 Once in a blue moon
09 How Typical !!
10 酔いどれ幻想郷
11 Jouney to the Rainbow
12 星の器
--------------------------------------


魂音泉でここまで長尺のLIVEをしたのは久しぶりじゃないでしょうか。
今回参戦したのは、DJのkokorobeatsを筆頭に、
抹、らっぷびと、ytr、Romonosov?の四人。
基本的に全員出ずっぱりでサイドキックに回ったりとぶちあげフォーメーションでした。
COZMIC DRIVEでは、basic stance, INTENTION, 百鬼夜行などのverseをkick。

正直、最初にゆけむりが流れて全員で歌いだした瞬間は、
お客さんが余り盛り上がっていなくて

「これは…歓迎されていない?!」
「IRON ATTACKの人気に比べて魂音泉のファンはこんなに少ないのか…!!」

と、各々心の中で一瞬で勘繰りが生まれ、
何も言わずともアウェイで戦う覚悟が出来た瞬間だったのですが、

後々聞いた話では、まず中国ではLIVEを観にいく人が少なく、
ライブハウスという施設も少ない為に、楽しみ方が分からなかったのだろうと。

事実、曲数を重ねるごとにお客さんのテンションは上がってきていて、
4曲目のyellow knifeを歌う頃には最高潮に達していました。
手も挙げるし声も出してくれるし、演者の熱量を超える勢いで素晴らしかった。

そのまま最後まで駆け抜けて、1部だというのに全力出し切らないと
お客さんに食われてしまうようなショーケースでした。

ちなみに、MCは基本的にカタコト英語と開き直り日本語で乗り切りました。
でも、「日本語分かる人?」って聞いたら、
会場の2~3割くらいが手挙げてたので、びっくり。
「意味が分かる人は周りに通訳してくれー!!」って言いながらMCをしました。

出番が終わるとIRON ATTACKさんとバトンタッチ。
らっぷびと以外はほぼみんな楽屋でダウンして夢の中でした。

そして二部へ続く...!


2016-06-14 10:15:24投稿者 : らっぷびと
この記事のURL コメント(0) nice!
コメント一覧
コメントはまだありません。