らっぷびとホームページ(改)

NEWS

///////////////What's New













2011/04/01
着うた配信情報!!

RAP BLEND から 2曲先行配信決定!
「テクノブレイク feat. タイツォン」
「アシタへ」
の2曲の着うた・着うたフル予約開始!!

【ご予約はこちらからどうぞ!!】
※配信は4/6からになります。

↓↓配信中の着うたはこちら↓↓



///////////////最新リリース情報

2011.6. 1 リリース
「RAP BLEND」
2,300円(全15曲)

注)画像をクリックすると
amazonのページがたちあがります。

/////////////// メディア情報
【らっぷびとインタビュー】
※ CDジャーナルのインタビュー
※ ascii.jpのインタビュー

【ドワンゴ/Flashマガジン展開中!】
ニコニコ動画で大人気『らっぷびと』の
メジャーデビューインタビュー!!

新曲『 All Day, All Night 』に込めた想いや、
プライベートな事まで盛りだくさん!

dwango.jp(
うた ) で着うたも配信中

//////////// インターネット関連


mixi公認アカウントです。





公式myspaceページ。


詳細 >>

いまなう

INCUBUSは底知れないと思ってしまった一曲。 あとタイトルセンスが秀逸。 https://t.co/3HEt3PypQn
7時間前

サンテンとロモの個性が綺麗に発揮されてるよき曲なのだよ。 https://t.co/Oy3wyUD7A4
7時間前

RT @tohohippare: 【チケット店頭販売開始!】 !拡散希望! 明日8月19日(土)から、東方ヒットパレェドの前売りチケットがメロンブックス小倉店様、福岡天神店様、熊本店様の店舗にいよいよ登場! 11/4の小倉で最高の夜を過ごすためのチケットをぜひ自らの手でゲット…
7時間前

ようやくDVDを全国に届けられるようになりました。 興味のある方はぜひ手にとってください。
9時間前

【通販のお知らせ】 BOOTHにて「World Wide Words」関連の商品を取り揃えたShopを開設致しました。コンピレーションCD各種、そして初となるDVD作品も通販開始となります。 https://t.co/t69Z5unhac #WWW_2017
9時間前

Player

MOBILE

着うた(R)はこちら♪

詳細 >>

QR

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS

昨日の追記です

おはようございます。

ハシシのブログの追記にもあるように、こちらでも今回の話を終わらせられればと思います。
まずは、今回の件でお騒がせしてしまった事、それに伴ってWWWやびとぶれなどでの
楽しかった思い出の余韻を壊してしまった方がいらっしゃいましたら、本当にすみませんでした。

そして、ブログのコメントやDMで応援してくれた方々、ありがとうございます。
いま応援してくれてる人達を裏切らないためにも、しっかりします。

--------------------------------------------------------------
自分は、今回ブログに記載してくれたハシシに感謝しています。
一部意見で「ブログに書くことじゃないんじゃないか」と言われていますが、
ハシシが声をあげてくれなかったら、運営の失態に気付くのにもっと時間がかかっていたと思いますし、
直接言って当人同士が解決するだけでは、みんながこの件について考える事はありませんでした。
なので、自分としてはハシシに感謝しています。
非難される意見もある事が分かっていて、それでもらっぷびとに意見してくれたんです。
嫌なイベントがあったとして、シカトして今後関わらなければそれで終われるのに、
それをせずに苦言を呈してくれたこと、嬉しく思いますし、それに報いる為にも改善せねばと思っています。

--------------------------------------------------------------
もう来年のWWWがあるかのようなブログ文章だったという意見を目にしましたのでそれについても。

今年、WWWが終わるかもしれない、というような言い方でお客さんを煽った事をWOMBのステージ上で謝りました。
ただ、その瞬間でもやはりWWWを続けるかどうかの気持ちに決着は着いていませんでした。
しかし今回のハシシのブログでの意見を知って、自分の、WWW運営として配慮が足らなかった事を反省、後悔した結果、
感じたのは自分自身に対する悔しい気持ちと、みんなが満足するイベントを作りたいという気持ちでした。
まだ、今年のWWWの運営陣と顔を突き合わせて話せていないので、確定的な事は言えませんが、
らっぷびと個人としては、辞めるのではなく、改善させたWWWを模索し、開催したい気持ちです。

今回の件でマイナスイメージを持たれた方や、見限った方もいらっしゃると思います。
それは本当に反省するべき点で、申し訳なく思っています。すみませんでした。
らっぷびと個人の運営能力が足らなかった事であり、今後どうすればWWWやNETRAPが、
演者もお客さんも全部含めて楽しいものになれるのか、真剣に考えていきたいと思います。
ですので、ネットラップに対する、WWWに対する意見があればらっぷびとまで直接ください。
批判的な意見でもなんでもいいです。

自分はネットラップという場所のお陰で日の目を見れたようなものなので、
どうにかしてシーンに還元したいし、WWWも良いイベントにしたいんです。
明確なシーンがないとか、ネットラップの定義とか、帰属意識とか、色々言われていますが、
なにもらっぷびとに賛同して欲しいわけではないんです。各々の想うネットラップで構いません。

残り一年間、らっぷびとに考え、行動に移す時間を頂ければと思います。

--------------------------------------------------------------
今回の件、色々と物議を醸していますが、
冒頭にも言った通り、みなさんの楽しかった思い出が変わってしまわないかが心配でなりません。
全部自分のせいです。本当にすみませんでした。

自分もハシシ同様、今回のブログで終わらせます。
あとは、今後 自分自身が反省し、良いイベントを作れるよう模索していく事で示せればと思います。

改めまして関係者各位の皆様、お騒がせしてしまい申し訳ありませんでした。

2017-08-01 07:37:20投稿者 : らっぷびと
この記事のURL コメント(3) nice!

WWW2017ありがとうございました。ハシシのブログを読みました。

7/29 渋谷WOMBで開催された「World Wide Words 2017」
皆様のおかげで盛況で無事終わる事が出来ました。
参加してくださった皆様、サポートしてくれた皆様、楽しんで頂けたなら幸いです。
今回はハシシのブログを読んで思った事を書かせてもらえればと思います。

WWW運営の連絡系統の遅れ、失礼な対応等々があった事は事実です。
例年がちゃんと出来ていた、とは思いませんが、今年は余計に疎かになってしまっていて、
出演してくれたアーティストの方にブログを書かせてしまうほどだったという事に気付けませんでした。
ハシシには謝罪の連絡を直接送らせていただいて、返信もいただけました。
そして電波少女だけではなく、他にも声に出してないだけで同じように運営が失礼な対応をしてしまっていた
出演者の方もいらっしゃると思いますので、みなさんにも申し訳なく思いますし、謝罪させて頂きます。

------------------------------------------------------
このブログでは、何故そのような事態に陥ってしまったのか、
World Wide Wordsのことについて説明させてもらえればと思っています。

まず、World Wide Wordsの運営形態について。
"ネットラップ"というカルチャーを主軸とした年に1度開催しているこのイベント。
最初は音源投稿掲示板時代の有志のようなもので開催され、主催者を変えながら不定期に3度行わました。
それから数年が経ち、渋谷WOMBという箱で2013年から2017年まで、
Rapstar Entertainmentが主催で開催させてもらっています。

自分はORIGAMI Entertainmentという音楽レーベルの副代表もしているので少し勘違いされがちですが、
World Wide WordsにはORIGAMI Entertainmentは基本関わっていません。
Rapstar Entertainmentという音楽サークルの代表のらっぷびとが運営し、全てを考えていました。
なので、出演者を選ぶのもマイクリレーの内容も自分が決めてましたし、ORIGAMIの人間には別段共有していません。
ただ、1人であの規模のイベントを回すには限界があるので、
物販スタッフだったり、現場スタッフだったりで毎年抹くんやその他の面子に手伝ってもらっていました。
その当日の光景を見れば勘違いされてしまうのも当たり前だとは思います。ややこしくてすみません。

------------------------------------------------------
そんなWorld Wide Wordsのお金周りの話について。
Rapstar Entertainmentが主催しているWorld Wide Wordsですが、毎年赤字と黒字のギリギリのラインでした。
自分が主催した最初の2013年が一番の動員数だったのですが、当時はチケットが安すぎたのもあり、
出演者の交通費や経費、箱代、など諸々合わせると若干黒字というくらいで。
翌年からは、チケット価格を上げたり、Nightを開催したりと出来る限りの試行錯誤をしてきましたが、
2013年の動員数から減ることはあっても増えることはなく、完全に赤字の年もありました。

Rapstar Entertainmentという音楽サークルは自分しか存在せず、
会社でもありませんので、名ばかりの個人です。
当然イベントの支度金として用意するお金も自分でどうにかします。
支度金は決して少ない金額ではないので、まず準備するのも大変で、
更にイベントが終わった後に赤字になった時は、次回開催が危ぶまれます。

そして演者へのギャランティの件。
支払えてる人もいれば、交通費は払ってもノーギャラで頼んでいる人もいて。
主催としては出演者がいなくなればイベント開催なんて出来ないので、
そこを第一に考えるべきだと解っていたはずでした。
今回のハシシの意見を知って配慮の足らなさに本当に後悔と反省が絶えません。

要するに自分は主催として毎回イベントを成功に導けてなかったんです。
趣味の範囲でやっていて、商売のレベルにまで持って行けてなかった。

きちんと売上を出して、きちんと演者に還元する。
こんなイベントとして当たり前の事を出来ていないまま、現在まで続けてきたのです。
今思えば、身の丈に合ってない事をずっとやっていたのだと思います。
毎年ステージ上で、「このイベントは自分のわがままです」とも言ってきました。
ただ、その為に周りに我慢を強いていた事をもっと自覚するべきでした。

それら主催としての至らなさと不安と悩みが、2016年から考えていた事です。
自分は勝手にNETRAPというものに固執しているだけで、
それにみんなを付き合わせて、無理をしてイベントを打っていたんじゃないか。
自分の能力不足と弱い心が、こういう結果を招いたのだと思います。

------------------------------------------------------
そんな自分を知ってか知らずか、今回初めて運営の主要メンバーが増えました。
基本的な主催は自分のままですが、協力してくれる人がいるだけでありがたかったです。
ただ、NETRAP ROYAL(#ネトロワ)やDVD制作など新しい試みをやる事によって、
結果的には、作業分担するも例年通りかそれ以上の忙しさとなり、
更には連絡系統の遅れや失礼な対応も、
自分がきちんと吸い上げて情報共有し対応すべきだったのに気付けない状態でした。

実際、#ネトロワの注目度や、当日のWWWの盛り上がりを見ると良い部分もありますが、
そこに拘る余り、いつも協力してくれていた演者の皆さんへの気配りが欠けたのも事実で、
努力した事が裏目に出てしまったのも、主催である自分に全責任があります。

------------------------------------------------------
World Wide Wordsというイベントに出演してくれたアーティストの皆さんには、
改めて運営の不手際と失礼な対応をお詫び致します、すみません。

そして、なによりイベントを応援してくれている人、
楽しんでくれていたお客さん達にも申し訳なく思います。
嫌な気持ちになってしまったり、ショックを受けた人にもすみません。
みんなの楽しい思い出に泥を塗るような形になってごめんなさい。


自分に出来る事は、謝罪と、今後の姿勢を変えていくしかありません。
それを教えて気付かせてくれたハシシには感謝の気持ちです。
今一度自分自身を見つめ直して、至らない部分を改善出来るように努めます。

拙い文章ではありますが、読んで頂いてありがとうございました。

2017-07-31 18:33:44投稿者 : らっぷびと
この記事のURL コメント(10) nice!

#WWW_2017 人生で一番楽しい日



もう少ししたらマイクリレーが投稿されて、

今年のWorld Wide Wordsの日まで1日を切ることになります。

Rapstar Entertainmentで主催を始めた2013年から実に5回目。

20代後半だった人たちも30代になってしまってますが。

今年も無事にWorld Wide Wordsが渋谷WOMBで開催できることとなり、

毎年パワーアップしていく人たちが未だに協力してくれていることに感謝が絶えません。

今年も出てくれる出演者、サポートしてくれるスタッフ、そして遊びに来てくれるお客さん。

みんなみんなありがとう。最高に楽しんでいって欲しいです。

-------------------------------------------------------------

今回文章にまとめたいことは、マイクリレーについて。

Twitterでは発表しましたが、今年のWWWマイクリレーは前日に公開することにしました。

基本的にはらっぷびとの意向でそういう形にしております。

前日での公開ということで、曲を覚えられなかったり、

一週間前から気持ちを作って高めていくって人もいるかもしれません。

そんな意見がある中で、らっぷびとが独断で前日出しにした理由。

その大部分を敢えて一言で表すなら、"エモ"です。

これが正しい言葉なのかもわかりませんが、正しく言い表すことが難しいとも思います。


らっぷびとが5年間、World Wide WordsというNETRAPの祭典を主催して来て思っていたこと。

2016年のWWWが終わってから考えていたこと。

2017年の1月から考えていたこと。

このWWW2016-WWW2017までの1年間。色々なことが起こりすぎてしまいました。

どの段階での自分の気持ちが、本当の自分の気持ちなのかわからないくらいぐちゃぐちゃになってしまって

自分にとってWorld Wide Wordsがなんなのか、

World Wide Wordsにとって、NETRAPにとって自分がなんなのか、

ラップする理由みたいなものまで、頭から煙出るんじゃないかってくらい考えて。

きっと、そういう答えの出ないものを考えてしまうという行為をした人はたくさんいると思います。

-------------------------------------------------------------

マイクリレーを前日に公開する、ということの理由はここで発表したいんですが、

あまり具体的に書きすぎてもあれなので、それは8月に入ったら、もしくはコミケが終わってからでもまとめます。

なので、現状の文章はわからない人にはちんぷんかんぷんすぎる内容かもしれません。

そこは純粋にごめんなさい。勘繰らせるつもりはないから、いずれ話します。

先ほど言った"エモ"

これをもっとわかりやすく言えば、World Wide Wordsの最終回です。

「WE ARE THE W.W.W 2017」を世に出してしまったら、

WWWを楽しみにしてた人をもしかしたら悲しませてしまうかもしれないし、

余計な心配をかけることになってしまうかもしれない。だから前日出しにしました。

あまり考える隙を与えないようにして、当日のWWWを楽しんで欲しかったんです。

ブログでこんなこと言ってハードル上げるだけあげて、蓋を開けてみたらそうでもねーな。

そう思われるかもしれませんが、それはそれでいいのです。

詐欺なら詐欺で。きっとらっぷびとも報われるのです。

-------------------------------------------------------------

World Wide Wordsが今年で終わる。とは言いません。

ただ、永遠に続くものではないし、今年で終わらないとも言えない。

だから、今年のマイクリレーのテーマは「これが最終回だとしても悔いのないもの」でした。

出演してもらえるみんなにも、今年で終わるかもしれないから、と協力してもらいました。

それほどまでに、どんなことをしてでも、今年を最大に盛り上げたWorld Wide Wordsにしたかった。


実際にWWWが終わるかどうかは当日の会場で終わってみるまでは分かりません。

結局みんなで楽しく歌って大団円。来年もやるぜーって感じになったらいいな。


でも、結果がどうこうじゃないんです。

過去の4回を経て、「来年もまたやるしな」と考えていた自分がいました。

安定を求めるのは簡単で、周りに頼っていたくせに自分勝手になってたとも思いました。

大事なのは、いつWorld Wide Wordsが終わっても、

「最後の年が一番だった」と言ってもらえるようなイベントにすること。


そう言ってもらえるように、今年のWWW頑張りました。

#ネトロワも開催できて、賛否両論意見が飛び交って、みんながNETRAPのこと考えてたし、

まだ、発表出来ないけど、きっと直前でめでたいことも発表できると思います。


そして何より、「WE ARE THE W.W.W 2017」本当にいい曲になりました。

みんなに聞いて欲しい。

前日出しでごめんね。けど、すごくいい曲になった。当日はみんなで音浴びしたいです。

結局長くなっちゃった!


兎にも角にも、World Wide Words 2017を誰よりも楽しんでもらえるように。

もう少ししたら動画が投稿されるはずです。

参加してくれたメンバーみんなありがとうございました。

自分の人生で一番楽しい瞬間が7/29でありますように。

よーし引き続きWWWの準備しよー。

2017-07-27 22:41:41投稿者 : らっぷびと
この記事のURL コメント(1) nice!

ドメイン

あぶない。
去年ドメイン切れから復帰した時に、それで安心しちゃって
IDとかPassとかメモったり変更せずに一年過ごしたばかりに復活するのにすごく手間がかかってしまった。
ご迷惑おかけした方にはほんと申し訳ない…。

三年間更新したから来年は同じ事起こらないはず。
三年後が…怖いな…。

2017-06-05 22:03:51投稿者 : らっぷびと
この記事のURL コメント(2) nice!

アーティスト非公式グッズについて思うこと

夏の忙しさを超えると燃え尽き症候群でブログが止まるんですね。
>挨拶

どうもおはこんばんちわならっぷびと。
ひっさびさのブログ更新です。
今回は「アーティストの非公式グッズ」について自分の意見を書き留めます。
ちょっと長くなります。


■なぜこの話をするのか?■
事の発端はTwitterにて。
ファンの子から、らっぷびとのたまねぎキャラクター(通称らっきょびと)を使った
缶バッジを作成しましたよーという画像が送られてきて、それをらっぷびと本人が引用RTして
「すごいね!俺も欲しい!」と発言した事がキッカケで、

公式絵を使ってグッズを作る事がいいのか、とか
引用RTするってことは許諾を出したのと同意義なのか、とか

リスナーの中でそういう話になってしまったらしく、
自分の所にもいくつかそういう意見を頂いたので、このブログで自分の考えをまとめる事にしました。

まず、「アーティストの非公式グッズ」に対する個人的見解を話す前に、
非公式グッズを引用RTする事で、他のリスナーを勘繰らせてしまったりした事に関して、
自分が考えなしに発言してしまった事が原因だったと思います。ごめんなさい。
普通にリプライにしとけばなぁと今は反省してます。


■非公式グッズ作成について■
では本題に入りたいと思います。
「アーティストの非公式グッズ」を制作する事について自分が思う事。
上記を例にするなら缶バッジ。

すごく単純化してしまうと、
"非営利で個人で楽しむ分には黙認" というスタンスがらっぷびとです。
勝手にグッズを作って、一個単位であれ、メルカリやヤフオクに出品して金銭が発生するならNG。
販売はせず、個人で楽しんでる範囲でも、許可は出せません。あくまでグレーゾーン。

2つとも、権利が何処に在るかという話で、らっきょびとの絵が、
Incsという事務所に所属しておらず、且つらっぷびと自身が制作したものであれば、
「ええでええで、著作権フリーやー、ばんばんなんでも作ってやー」と言う事は可能です。
でも、現実問題そうではないので、らっぷびとが一人で許諾を出す事は出来ません。なので黙認。

缶バッジに限らず、過去にもリスナーの方に色々作ってもらった事がありました。
・手作りのらっきょびと人形 ・ORIGAMIのステッカー
・キャラクターを模したお菓子 ・ロゴのタトゥーシール
挙げだしたらキリがないですが、どれも報告を受けた時はすごく嬉しかったです。
そこまで行動を起こしてくれるという一種の愛情表現なので。クオリティじゃなく、そうしてくれる事が嬉しい。
だから、本当はダメな事でも、らっぷびとは黙認という形になります。

ただ、本当にあった事例として、キーホルダーを作成してメルカリで販売してるとか、
サイン色紙がヤフオクに流れてるとか、そういうのは単純に悲しい。最早権利の前に悲しいからダメ。

今回の缶バッジを作ってくれたファンの子は、
「絵が書けないので公式絵を使わせてもらいました。」と言って画像を送ってくれました。
公式絵を使ってる事に対してひっかかってる人もいるみたいだけど、
俺からしたら、どういう形であれ、業者を通したとしても、
入稿して作成までの行動する原動力は
「らっぷびとならびにらっぷびとの音楽を好きだから」の一点に尽きると思うので、
上記に挙げた皆と同じように嬉しいです。

もう一つ心の声としては、
例えば自分が所属するZEIIITAのファンTシャツを作ってもらったとして、
それをファンの子達に渡して、全員で着てZEIIITAを応援しようぜ!!ってなった場合。
「それなら公式でTシャツ出てるからそっち買ってくれると嬉しいな…」という心境にはなる。
だからといってグッズ化してないものならなんでも好きにやっていいかって事にはならないこれまたグレーな話ですが。

お金がなくてCDを友達から借りてでも、好きになってくれたら嬉しい。
Youtubeで無断転載動画見てでも、好きになってくれたら嬉しい。
無断転載を擁護することはないけれど、大事なのは今現在好きでいてくれる事。
その代わり、新しくCD出すからそれはお金に余裕があったら買ってね。
ワンマンライブする時は遊びにきてね。お金以上のものを返せるように努力するから。とは言いたい。


■らっぷびととして■
もう一つ、「アーティストの非公式グッズ」に関しての個人的な意見は、
らっぷびとがらっぷびとであるから、というのが大きいです。
公式絵を使ってグッズを作る、イラストを描いてくれる、歌ってみたをする。
これっていわゆる二次創作ですよね。

らっぷびとは、「さよなら絶望先生」の主題歌「人として軸がぶれている」に勝手にラップを乗せたり、
IOSYSの「月夜を二人で抜け出す程度の能力」を使って、
「オーディエンスを沸かす程度の能力」という楽曲を使ったりしました。
本来なら知らない奴が勝手にそんな事やったら怒られて当然なんですが、
大槻ケンヂさん、NARASAKIさん、IOSYSさん、D.wattさんなどみなさんが寛大という事もあり、
今でも歌わせてもらってますし、CDにも正式に許諾を得て収録する事が出来ています。

つまりらっぷびとは二次創作という手法で芽が出た人間なので、
そんな人間が権利がーとかNGだーとか言うのは
自分自身を否定する事になってしまいそうで、
"LIKE"でも"LOVE"でも"RESPECT"が感じられれば
それはとてもありがたい事だと思ってるのです。
もちろん自分が二次創作をする場合も、原作に対する愛がないと作ろうと思いません。

以前、大槻ケンヂさんと対談させて頂いた時に聞いた内容で忘れられないのが、

過去に筋肉少女帯で「高木ブー伝説」という曲を無許可で出した時に、
揉めそうになったけれど、高木ブーさん本人が
「若い奴が面白い事やってるんだからいいじゃないか」と言ってくれて、
自分がもし同じような立場になったら、高木ブーさんのようにありたい、と思っていたから
「人として軸がぶれているらっぷ」が世に出た時も、同じように寛容に思えたんだよ。

というようなお話を聞いて、高木ブーさんも大槻ケンヂさんも心が凄く広くて素敵だし、
やっぱり自分も同じような大人になりたいと心から思いました。


■まとめ■
らっぷびとは、二次創作に掬い上げられた人間だからこそ、出来る限り認めていきたい。

非公式グッズ制作に許諾を出す事は出来ないけれど、気持ちは凄く嬉しいから。

もっと言うなら、非公式グッズを作る人も、それに異を唱える人も、
アーティストの事を想った上で意見を言い合ってくれてるんだから、俺はそれすらも嬉しいんです。
ただ、現状勘繰らせたままだと悲しむ人も出ると想って、自分の意見を書くことにしました。

文才がないので話が上手くまとまっていないとは思いますが、以上が自分の意見です。

ただ根本の原因は、引用RTした事にあるんですけどね。
そこに関しては本当にごめんなさい。
でも、お陰で自分の意見をこうやって言う事が出来ました。

あくまでこれは自分の個人的な意見です。
グレーゾーンな事は変わらないし、何がよくて何がだめという明確な線引きがあるわけでもないけれど、
愛情や尊敬を注がれて嬉しくない人なんていないし、
それがあるからモチベーションに転換出来る事も多々あります。

みんながいるからラップが出来る。これはどんな状況でも一緒。

長々と駄文を読んで頂きありがとうございました。
「いやちげーだろ!くそが!!」などの意見あれば直接らっぷびとまで意見くださいね。

ありがとうございました。

2017-03-07 01:56:53投稿者 : らっぷびと
この記事のURL コメント(4) nice!